武汉翻译公司,武汉翻译机构,武汉韩语翻译,武汉日语翻译,武汉英语翻译,武汉翻译公司哪家好

武汉翻译公司 武汉翻译公司 武汉翻译公司
123

日文佛教文件鉴赏

 

宝慶寺の伽藍成立過程を追って

 

                   宝慶寺専門僧堂講師補 伊藤 秀真

 

1.はじめに

 福井県大野市の宝慶寺は、寂円(12071299)によって開創された、日本曹洞宗寺院である。宝慶寺の開創時期と、その後に造立した七堂伽藍が整った時期は、ともに13世紀中期であるが、確定できていない。宝慶寺の寺名の由来は、宝慶2年(1226)に寂円が、永平開山道元(12001253)と天童景徳寺で相見したことから、この時の元号が開創時に付けられたといわれる。寂円は、宋国で出生し、安貞2年(1228)に来朝した渡来僧であるが、その後は一度も、帰国することはなかった。

 寂円の法は、宝慶寺2世・永平寺5世義雲(12531333)が嗣ぎ、その後、宝慶寺3世・永平寺6世曇希(1288~*)へと伝わり、宝慶寺では、4世等理(生卒年不詳)から11世明珊(生卒年不詳)まで、永平寺では、7世以一(生卒年不詳)から38世緑巌厳柳(*~1716)まで嗣続している。このことからも、寂円を派祖とする「寂円派」は、日本曹洞宗と大いに関わっていることが明らかである。

寂円の行状と天童景徳寺の接点を通して、宝慶寺の開創から伽藍整備に至るまでについて、考察をしてみたい。

 

2.寂円の出生と道元との相見

 宝慶寺開山の寂円は、前述の通り、宋国で出生した。寂円の出生の記録は、『日域洞上諸祖伝』(上)(1)には「支那人」、『延宝伝燈録』(7(2)には「宋国人」、『日本洞上聯燈録』(1(3)には「宋国人」、『面山和尚広録』(以下『面山広録』)(25(4)には「大宋国人」とある。また、宝慶寺14世・永平寺13世建綱(14131469)が著した『宝慶由緒記』(以下『由緒記』)(5)には、「大宋国洛陽人」と詳しい。

 『由緒記』(傍線部は筆者による)によれば、

  正安元己亥年九月十三日。命敵子義雲禅師伝相承之大事。紹宝慶之席。吾謂帰大宋忽然脱去。檀那弟子衆拾聚遺骨。造開山之真像。名遺骨之御影今在之。《世寿九十有三歳ニテ御遷化也。遺偈失之。》(『曹全』寺誌, p.379b

と、正安元年(1299913日、寂円は義雲に大事を伝え、宝慶寺の住持職を譲った後、93歳で示寂している。これから逆算すると、出生年は1207年となる。また、『面山広録』(25)には、

  正安元年己亥九月十有三日。忽告衆云。吾方帰本国。衆皆訝之。少焉端坐而逝。寿一百有餘(『曹全』語録3, p.798b

とある。寂円の生存年を、面山の「寿一百有餘」とすれば、寂円の出生は1207年より7年以上遡ることになる。『由緒記』(下線部)の「世寿九十三有歳」から「遺偈失之」とある割註部分は、宝慶寺50世白龍天山(18641941)の写本には記述がないから、昭和4年(1929)以降の付記とする説がある(6)。しかし、宝慶寺46世仏山戒鱗(18351908)が筆録した「古書写」の「開創宝慶由緒」(1890年写)には、この記述があるので、加筆されたとしても、必ずしも新しい内容とは断定できない。

 


  • 相关文章

热门城市:
区县翻译:

在线客服

QQ客服一
在线客服QQ10932726
QQ客服二
在线客服QQ1097430389
QQ客服三
在线咨询